アイフルの審査と進め方と在籍確認

アイフルでは、店頭、郵送、インターネットによる申し込みを受け付けています。
いずれの方法でも、申込用紙や用意されたフォームに氏名、住所、年齢、年収、勤務先など、必要事項を入力します。

その後、アイフルでは、年齢、勤務先、勤続年数、年収、他社の借入状況などを審査し、融資の可否や融資額について審査します。
そして、電話やメールなどで審査の結果を連絡します。
審査に通過した場合、本人確認書類を提出し、契約手続きを進めることになります。
契約手続きが完了すると、キャッシュカードを発行してもらえ、融資が受けられるようになります。

契約するにあたっては本人確認書類と収入証明書の提出が必要になります。
本人確認書類としては、運転免許証、健康保険証、住民基本台帳やパスポートを提示します。
それから、貸金業法に基づいて収入証明書を提出しなければなりません。
源泉徴収票、給与明細書(直近2ヶ月分)、確定申告書、住民税決定通知書、収入証明書のいずれかを提出します。

それから、カードローンを申し込む方は在籍確認について気になるとのことです。
在籍確認とは、本当に申込者がその勤務先に在籍しているのかどうか電話をかけて確認することです。
多くの方は、勤務先に電話がかかってくることで、カードローンを利用しようとしていることが周囲にばれてしまうのではないか、心配しているようです。

カードローンの会社の方は、個人情報やプライバシーにかなり配慮しています。
勤務先には個人名で電話をかけますので、カードローンの会社であることは周囲にばれることはありません。
また、たまたま席を外していた時に電話がかかってきた場合、「席を外しています」と他の社員が応えれば、在籍しているとみなされます。

カードローンを申し込むと、会社に在籍確認の電話がかかってきますが、個人名でかけてきますし、必ずしも申込者が電話に出て対応する必要はありませんので、それほど心配する必要はないでしょう。

アイフルは素早い融資で評判となっている業者です。即日融資を希望する上で、融資速度は重視したい所ですが、他には融資の速度が早い業者はどのくらい存在するのでしょうか?こちらでは、気になる即日融資の情報を詳しく紹介されていますので、参考にしてみて下さい。詳しくはこちら